アンチエイジング.ラボ:自分で無理なく出来る正しいアンチエイジング!.若返る方法教えます

ホーム > サプリメントでアンチエイジング > アルファリポ酸(αリポ酸)

アルファリポ酸(αリポ酸)

アルファリポ酸(αリポ酸)
アルファリポ酸(αリポ酸)の効果

ここから続き

アルファリポ酸(αリポ酸、別名チオクト酸)は新陳代謝のサイクルを援助する栄養素。

日本国内では医薬品の成分としてのみ取り扱われてたが、2004年より一般のサプリメントに配合してよい成分となり、一般販売された。

アルファリポ酸(αリポ酸)は体の中のミトコンドリアを活性し、活性酸素を抑える働きをしますのでアンチエイジングには欠かせません。又、コエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、グルタチオンを再生する効果もあります。抗酸化能力は、ビタミンE,Cの400倍とも言われています。


普通、抗酸化物は、水溶性と油性に分かれていますが、アルファリポ酸(αリポ酸)に関しては水にも油にも解け更に分子がとても細かいので、体内の細胞に入りこんで、全身にその効果を発揮してくれます。


サプリメントでアルファリポ酸(αリポ酸)


サプリメントで摂取する場合は、一日に300mg.を目安に服用してください。普段口にする食べ物にも含まれていますが、その成分は非常に少ないのです。加齢と共に体内での生産も少なくなるので、アンチエイジングを考えるサプリメントでの摂取は必ず必要と言えるでしょう。ビタミン類・アミノ酸・L-カルニチン・コエンザイムQ10と服用することでさらに効果的です。

食事でアルファリポ酸(αリポ酸)

アルファリポ酸(αリポ酸)が含まれている主な食べ物は、 ジャガイモ トマト ほうれん草 ブロッコリー ニンジン レバーなど肉類 アルファリポ酸(αリポ酸)の一日の摂取量として日に300mg.が目安ですが、これだけの量を食事でとろうとすると約、1200kg.食べなければなりません。


アルファリポ酸(αリポ酸)の効能
白内障
神経障害
肥満
疲労回復
肩こり
痴呆症
動脈硬化

アルファリポ酸(αリポ酸)は摂取した脂肪を燃焼する働きがあるので、ダイエットにも効果的です。


リスト
届いたよ「Gサイクルバーニング」
結構、臭いします。何の臭いかな?
コエンザイムQ10とか、大豆ペプチド、αーリポ酸とか聞いたことあるでしょ。
ちょっと美容にもよさそう。一日6粒。


長寿とサプリメント/今日の生活、自己評価は?〈839日目〉

疲労をとるにはエネルギーが必要なわけだが、炭水化物とか・脂肪・タンパク質は通常摂れるが「パントテン酸カルシウム」・「ビタミンB1」・「コエンザイムQ10」・「α-リポ酸」・「L-カルニチン」

関連記事

2007年06月29日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://rss7.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/128

このリストは、次のエントリーを参照しています: アルファリポ酸(αリポ酸):

» 痩せたと言われたよ!! from 何かの感想
毎日の健康維持に…「NALA(ナラ)」 亜鉛、アルファリポ酸、Lカルニチン、コエンザイムQ10等をバランスよく配合した「NALA(ナラ)」 今朝、職場の上... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月19日 13:01

口コミ

口コミフォームに記入し投稿してください







カテゴリ

新着情報


My Yahoo!に追加
Add to Google ブログでホームページ作成します
DHCオンラインショップ