アンチエイジング.ラボ:自分で無理なく出来る正しいアンチエイジング!.若返る方法教えます

ホーム > 美肌でアンチエイジング > 皮膚の仕組みを知る

皮膚の仕組みを知る

皮膚の仕組みを知る
美肌でアンチエイジングの第一章は皮膚の仕組みを知ることから始めたいと思います。

ここから続き

皮膚の仕組みを知る

子供の頃の自分の写真を見るときめが細かく、とても綺麗です。しかし年齢と共にシミ、シワが増えてはりを失っていきます。

皮膚とは、外側から、表皮、真皮、皮下、となっており、一般的に老化にかかわるのは表皮と真皮です。表皮(一番外の皮膚)はさらに5階層となっており、基底層で絶えず新しい細胞をつくりだし、外の皮膚へと移動していきます。


Wikipedia

外の皮膚へと移動していった細胞は角質となり、やがて垢となります。このサイクルのことを新陳代謝と呼びます。しかし、年齢とともに肌の新陳代謝のサイクルは長くなります。20代で20日30代で40日40代では55日と言われています。このサイクルをスムーズにすることが、肌を若々しくさせるポイントなのです。

参考文書

皮膚(ひふ)とは、動物の器官のひとつで、体の表面をおおっている層のこと。体の内外を区切り、その境をなす構造である。皮膚と毛、爪、羽毛、鱗など、それに付随する構造(器官)とをあわせて、外皮系という器官系としてまとめて扱う場合がある。また、動物種によっては、皮膚感覚を伝える感覚器の働きも持っている場合がある。

高等脊椎動物では表皮、真皮、皮下組織から構成されるが、表皮・真皮のみを指し、皮下組織を含めない場合もある。

関連記事

2007年06月23日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://rss7.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/120

口コミ

口コミフォームに記入し投稿してください







カテゴリ

新着情報


My Yahoo!に追加
Add to Google ブログでホームページ作成します
DHCオンラインショップ