アンチエイジング.ラボ:自分で無理なく出来る正しいアンチエイジング!.若返る方法教えます

ホーム > 美肌でアンチエイジング > 皮膚の成分について,美肌

皮膚の成分について,美肌

美肌を保つ
皮膚の成分について紹介します。

ここから続き

皮膚の成分の知る

皮膚の成分はそのほとんどがコラーゲンで出来ています。こうげん組織というものでたんぱく質のことです。美肌関連でコラーゲンは最近良く耳にする言葉です。食べ物で言いますと、フカヒレ、手羽先、とんそく、等ゼラチン質の食材は、女性に大人気です。真皮にはコラーゲンはびっしり詰まっており、さらに、弾性繊維(エラスチン)も混在しています。皮膚はコラーゲンとエラスチンで出来ているといっても過言ではありません。

皮膚の構造と感覚 - goo ヘルスケア


肌にはりや弾力があるのはこのエラスチンがあるからです。又、皮膚の繊維の中に、毛細血管があり、知覚神経、毛根、皮脂腺、汗腺、がそれぞれ作用することで皮膚はなりたっているのです。皮膚とは、人間そのもの(内臓)を守る大事な役割を果たしていますので、とても大事なのです。


体の全面をおおっているのが皮膚で、毛や爪などの角質、脂腺、汗腺、乳腺などの皮膚腺を含め、それらを総称して外皮といいます。

 皮膚は触覚、温度感覚(温・冷)、痛覚などの受容器があり、身体の保護、体温の調節などのはたらきを持っています。

 皮膚の全表面積は、成人で約1.5~1.8m2あり、損傷面積がその3分の1を超えると、塩分、水分が失われて生命に危険といわれています。

 皮膚は表皮、真皮、皮下組織からなり、全身を包んで外界から身体を保護します。
皮膚の構造と感覚 - goo ヘルスケア

関連記事

2007年06月23日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://rss7.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/121

口コミ

口コミフォームに記入し投稿してください







カテゴリ

新着情報


My Yahoo!に追加
Add to Google ブログでホームページ作成します
DHCオンラインショップ