アンチエイジング.ラボ:自分で無理なく出来る正しいアンチエイジング!.若返る方法教えます

ホーム > > コエンザイムQ10健康食品や化粧品への応用

コエンザイムQ10健康食品や化粧品への応用

コエンザイムQ10
コエンザイムQ10健康食品や化粧品への応用の紹介

ここから続き
健康食品や化粧品への応用 ユビキノンは日本では1970年代から医療用医薬品として軽度及び中等度のうっ血性心不全症状などに用いられてきた。また、複数の製薬メーカーが、一般用医薬品(OTC医薬品)・医薬部外品として、一般消費者向けの商品を発売している。安全性は比較的高く、米国ではコエンザイムQ10の名称でサプリメントとして広く用いられており、医師の処方箋なしに消費者が直接店頭などで購入できる。

日本でも2001年に医薬品の範囲に関する基準(いわゆる「食薬区分」)が改正され、さらに2004年化粧品基準が改正されて、健康食品や化粧品への利用に道が開かれた。その結果、抗老化作用を訴求したユビキノン(コエンザイムQ10)含有の健康食品や化粧品が市場に氾濫し、品薄で入手しにくいほどの人気を博している。 しかしながら、そのような薬効を臨床的に検討したデータはまだ乏しく、詳細な効果についてはまだ詳しくわかっていない。

摂取量については、どの程度までなら摂取しても安全なのか、などといった推奨量や上限量はまだよくわかっておらず、今後の研究が待たれる。また「多量に摂取した場合に軽度の胃腸症状(悪心、下痢、上腹部痛)」[1]があらわれるという報告もあり、1日に数十mg~もの過剰摂取は避けた方が望ましい。


ユビキノンから開発された「イデベノンIdebenone(アバン)」は脳循環・代謝改善剤として使用されていたが、日本では1998年に医薬品の承認を取り消されている。

ワーファリンの作用を減弱させる可能性がある。Wikipedia

関連記事

2007年07月05日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://rss7.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/132

このリストは、次のエントリーを参照しています: コエンザイムQ10健康食品や化粧品への応用:

» 美容整形:アンチエイジング 食品 from 美容整形ブログ 本で読む美容整形.ブログ
ドッグフード ナチュラルハーベストアンチエイジング・サポート 7ポンド(3.5ポ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月09日 11:14

口コミ

口コミフォームに記入し投稿してください







カテゴリ

新着情報


My Yahoo!に追加
Add to Google ブログでホームページ作成します
DHCオンラインショップ