アンチエイジング.ラボ:自分で無理なく出来る正しいアンチエイジング!.若返る方法教えます

ホーム > 老化とは?

老化の定義

老化とはいったいどういう意味でしょうか?

加齢や寿命とも言いますが老化の定義はハッキリとしていません。例えば電化製品、冷蔵庫なんかの毎日使う製品なんかは、時間が経てば壊れてしまいます。良くもって20年くらいでしょうか?人間も同じように加齢(生物学的年齢)とともに老化し最後には死んでしまいます。

アンチエイジングは抗加齢と言うよりは抗加齢が正しいと言うことになります。そういう意味では時計の針を巻き戻すと言うよりは、進む速度を遅らせると言う方が正しいといえます。しかし、実際にアンチエイジングを行うと確実に時間の針は戻ります。個人差は確かにありますが。。。

老化の原因についてもう少し考えてみると、2つの次元に異なる答えが必要になります。人間は何故死ぬ必要があるのか?もう一つは動物は何故老化するのか?ここでは何故老けるのかを簡単に説明します。


細胞時計説
細胞の老化や、減少による老化説。
人間の体をつくっている細胞に寿命があるという説です。近年この細胞の寿命の研究も増えています。ゲノム研究のホームページ

細胞というのは分裂を繰り返して活動を続けるのですが、いつか分裂を停止して死滅してしまいます。人間の体は無数の細胞で構成していますので、複数の細胞が死んだからといって人間そのものが死ぬのではありません。


内分泌説
人間の体はホルモンによって成長しています。ホルモンの成長は10歳をピークに減少していきますので、それが原因で老化していくと言う説です。


免疫機能低下説
年齢とともに免疫力は低下します。若い時は風邪をひいてもすぐに直ったのに、年をとるとなかなか直らないといった経験はないでしょうか?


DNA損傷説
DNAは体内の有害物質を排除したり、体外の有害物質や紫外線などから体を守る役目を果たしているのですが、DNAの自己回復機能が損傷することによって、ガンや病気になり、それが老化に繋がると言う説。


活性酸素説
活性酸素とは体内で発生する有害な酸素のことです。この酸素がDNAに損傷を与えると、細胞が老化します。ガンや脳卒中、動脈硬化、皮膚の老化の原因になります。現在最も有力な説と考えて良いと思います。

Posted by rss7 : 2007年05月17日 | 口コミ (7) | トラックバック (0)

カテゴリ

新着情報


My Yahoo!に追加
Add to Google ブログでホームページ作成します
DHCオンラインショップ