アンチエイジング.ラボ:自分で無理なく出来る正しいアンチエイジング!.若返る方法教えます

ホーム > 活性酸素を防ぐ

活性酸素とは?

アンチエイジング.と活性酸素

活性酸素とは体内で発生する有害な酸素のことです。この酸素がDNAに損傷を与えると、細胞が老化します。ガンや脳卒中、動脈硬化、皮膚の老化の原因になります。現在最も有力な説と考えて良いと思います。


アンチエイジングを考えたときに活性酸素は避けられないキーワードになってきます。活性酸素が老化の原因と判明したのは最近の研究の結果なのですが、マスコミや雑誌で非常に話題になっていますので、耳にしたことが無いという方はまずいないと思います。


活性酸素は血液中の酸素がエネルギーになるときに発生する酸素のことで、この酸素が体に悪影響を及ぼしますが、体内の異物を撃退する役割もしていますので、単に悪いという訳でもありません。体に入る酸素の約3パーセントが活性酸素になるといわれています。活性酸素が増えすぎることによって細胞を酸化さすことが判っています。


活性酸素の原因ランキング


1位 ストレス
2位 紫外線
3位 たばこ
4位 大気汚染
5位 放射線
6位 激しい運動
その他多数あります。


活性酸素を防ぐにはストレスをためず、紫外線に注意をして、たばこをやめることが一番大切です。(たばこをやめるにはストレスがたまりますが、)日常生活で切り離せないのがストレスですが、ストレスは、活性酸素を作るホルモンの分泌が増えると同時に、緊張で血管の老化が進みます。

ストレスは活性酸素以外にも体に多大な悪影響を及ぼします。病は気から ということわざにもあるようにストレスをためないように工夫して生活をしていくことが大切です。


活性酸素の増やす原因として激しい運動も関係してきますので、有酸素運動をこころがけて下さい。

続きを読む

Posted by rss7 : 2007年05月17日 | 口コミ (2) | トラックバック (0)

カテゴリ

新着情報


My Yahoo!に追加
Add to Google ブログでホームページ作成します
DHCオンラインショップ